結婚したい男ナンバーワン

女性から見て「全てが平均より少し上」な男性は、結婚したいと思うタイプナンバーワンではないしょうか?

こう言ったタイプは即、「アリ」です。

よく「優しい人が好き」とか「真面目で良く働く人」などと、誰に対しても当てはまるような回答する女性がいますが、ほとんど建前に決まっています。

もちろん、イケメンで背が高くて高学歴な人に越したことはないに決まっていますが、これは憧れにしか過ぎません。

しかし、実際にはそんなに好条件だと自分のレベルが低く感じてしまって、とても疲れてしまいます。

ですから、女性から見て結婚したいタイプで人気あるのは「すべてのことが平均レベルよりちょっとだけ上の男性」なのです。

最高にアリアリです!

例えば年収も同じ成人男性より少しだけ高収入で、ルックスも他の人よりなんかいいなぁと思う感じで、性格も優しい。と言った感じです。

そして、不潔な男性は間違いなくモテませんし結婚なんてとんでもありません。

肌の汚さ、歯並びや虫歯、タバコのヤニ、臭い、フケがでている、はげていて油頭、過剰に痩せたり太ったりしているなどは絶対的「ナシ」なのです。

性格的にもひどく特徴的で無ければ良し。

逆に言うならば、もしも元々のルックスが不細工でない人は、こう言った事を避ければ「アリ」に早変わり!なのです。

それから、どんなにかっこ良くてもフリーターの場合は即「ナシ」と判断する女性が多いです。
もしも、嫌われない条件が整っていた場合は就職さえ出来れば即「アリ」に早変わりです。

そして忘れてはいけないのは「家庭的な男性」はアリです。
この意味合いなのですが、家庭的な女性と同じ事ではありません。
女性のように掃除、洗濯、料理をすると言うことではなくあくまでも「良き夫になりそうなタイプ」はアリなのです。

例えば、普段は仕事で忙しいけどたまには時間を作って家族サービス(妻と二人だけの時間)をしてくれる、ちょっとしたDYIをしてくれる、生活していくのに当たってきちんと話し合ってくれるなど頼れると言った感じです。

アリ、ナシは人によっても評価は違ってくるとは思いますが多くの女性はこう思うと思います。

どんな人と結婚すべき?

この人と結婚しても良いなと思う男性の特徴として、 1つは「仕事をしっかりと行っている」という点が挙げられます。あくまでも、仕事をしっかりと、と言うことです。決して給料が高くなければいけない、役職について居て欲しいと言ったようなことではありません。
自分の仕事に対してしっかりと向き合い、サボることなく真面目に働いていると言う姿を見ると、結婚相手としてふさわしいと捉えられやすいです。反対に、仕事の愚痴ばかりこぼしている、早く辞めたいと言っている、サボっている自慢をするなどの行為は、相手にとって結婚相手としてよくないと捉えられてしまいますので注意してください。
そして、もう一つ大切な点は「家族を大切にしている」と言うものです。結婚をすると言う事は、自分と家族になると言う事でもあります。自分の父親母親を大切にしている人は、結婚しても子供や配偶者のことを大切にしてくれるといった印象があります。あまり自分の親の話ばかりすると、マザコンこんなのかなといったようなイメージを持たれてしまうので、あくまでも控えめな態度にしておきましょう。
そして、金銭感覚が人並みであることも大切な特徴です。結婚をして同じ家計を持つことになると、金銭感覚があっているかと言うのは大切なポイントです。金遣いが荒い事はもちろん、あまりに節約家すぎると言うことも問題です。趣味の話をする事は良いですが、それにかなりのお金を費やしているといったような自慢話は避けておきましょう。そして、電車代がもったいないから一駅ぐらい歩こう、あの店のクーポンがあるからあっちに行こうなど、お金にうるさそうな態度あまりに取りすぎることも危険です。この人と結婚をすると、お金を自由に使えなくなりそう、生活に支障が出るほど節約を強いられそうと、女性が危機感を感じてしまいます。あくまでも人並みの、平均的な金銭感覚を持っているというような態度で接しておきましょう。

恋愛相手と結婚相手は別物

恋愛相手と結婚相手に求めるものは異なります。では結婚相手としてありと感じる男性はどんな人でしょうか。結婚相手を選ぶ時は、やはり自分にとってメリットのある人を選ぶのが女性。計算高いと思われますが、将来的なこと、現実的なことを考えるとやはり結婚相手に求めるものは大きいのです。 ・経済力がある男性 やはり結婚してから経済的な苦労は誰もしたくありません。希望に満ちあふれた結婚生活が、お金がないという現実で希望がなくなるのは悲しいですね。すごくお金持ちではなくてもいいのです。しかし生活に困らないくらい、経済的な心配をしなくてもいいくらいお金があったらいうことはないですね。また経済力があるということは生活の基盤を整える条件の一つになります。そのため結婚相手としてはありだといえるのです。 ・自分が男性のことを好きと思うよりももっと好きでいてくれる男性 お互いに同じくらい相手のことを思いやっていて、好きであればいいのですが、なかなか同じように好きでいられることはありません。どちらかが好きという気持ちにおいて優っているということが往々にしてあるのです。 そんな時、自分が相手の男性を好きと思うよりも、男性の方が自分のことをもっと好きでいてくれると大切にしてもらえるので、結婚生活がより幸せになります。やはり自分が相手のことを追い求めるというのは、大変なこと。相手のことが好きであれば無償でなんでもできると思う人もいますが、結婚をするとそういうわけにはいきません。お互いの生活と仕事などすべてがかかわってきますし、ストレスがたまることもあります。そんな時無償の愛だけではどうにもならないこともあるのですね。 その点、相手の男性が自分のことを好きでいてくれたら、自分のことを追いかけてくれるのです。それに自分もこたえていけばいいのでプレッシャーもなく楽に過ごせるのです。 相手が自分のことを好きでいてくれる、大切にしてくれるという男性は結婚相手としてありですね。

婚活は紹介が安全!

私は現在、生後4ヶ月の子供の育児に専念するアラサーママです。今は充実した専業主婦生活を送っていますが、かつては30を過ぎても結婚できず、結婚相手すら見つからず、出産適齢期の終了に焦っていました。このままでは、永遠に出産できないと焦り、あらゆる友達に合コンの依頼をしました。合コンは、多種多様の職種の男性と出会い、とても楽しかったのですが、交際相手には恵まれませんでした。そんなある日、私の必死な婚活姿勢や、必死な呼び方がご縁を結ぶこととなりました。田舎から観光に来てる男性数人と私達女性数人のお食事会の機会を友人に作ってもらい、そこで今の夫と出会いました。夫は私の目の前の席に座っていて、第一印象は爽やかで優しそうという印象でした。話していくうちに夫は私と同じ田舎出身で偶然にも通っていた小学校まで同じ、更に妹の同級生ということがわかり、話は大いに盛り上がりました。そのお食事会が終わった後、夫から食事に誘われ交際がスタート、遠距離恋愛を経て、半年で入籍しました。私がお伝えしたいことは、ご縁というものはとても大切ですが、自分自身も前向きに動かないと、恵まれないということ。人は頑張っている人を手助けしたくなると思うので、誠実に出会いや縁を探すことは大切です。そういったことで、現在私は夫と子と幸せな結婚生活を送っていられるのです。